日本でウインタースポーツが始まったのはいつ?

>

生活の手段からスポーツへの発展

古代はスポーツではなく道具であった

スキーのルーツを古代の壁画や絵画からみると現在の様にスポーツとして楽しむと言うより、物を運ぶ道具の様に使われていたようです。
起源となる場所はヨーロッパ北部に位置するスカンジナビア説が多いです。
現在のデンマーク、ノルウェー、スウェーデンなどから成る国々です。
当時は長さも若干短めで40cm程でした。
日本にスキーがやって来たのは明治28年、日本の陸軍軍人である松川俊胤がスカンジナビアから持参したと言われています。
後の明治44年に同じく陸軍軍人である長岡外史が軍隊での普及のためのスキーを目指しオーストラリアの少佐によるスキーの指導をさせ、これがスキーの伝来の最初と言われています。
実際に日本で遊びやスポーツとしてのスキーが普及したのは明治41年、札幌農学校におけるスイス人講師が紹介したことから日本における発祥の地は札幌ではないかとも言われています。

スキーの日

日本にスキー板が持ち込まれたのは前述のスイス人講師ハンス・コラー氏ですが、日本でスキーの日とされているのは、明治44年にオーストラリアのレルヒ少佐が新潟県高田の青年将校にスキーの指導を行った日、1月12日とスポーツメーカーのミズノが認定しています。
日本初のスキー場ができたのは五色沼温泉スキー場でやはり明治44年です。
翌年「日本スキークラブ」と言う名称に変更しましたが現在は閉鎖されています。
最初にリフトが出来たのは北海道ですがこれは進駐軍用で民間用としては草津国際スキー場にできたのが最初です。
一般にも滑る人が少しづつ増えてきたのはやはり戦後の昭和21年以降ではないでしょうか。
それでもその頃はまだスキー人口は少なく本格的ブームは1960年以降で最盛期はバブル期でした。
しかし、バブル崩壊とともに衰退気味で、スキー場もかなり減ってきているのが現状でもあります。